このブログは、わたし「あるふぁねす」の『なんじゃそりゃ~』とか『どうでもいいじゃん』ってな『つまんない』内容で運営される、普通の人には面白くもおかしくもないかもしれない日記ですw
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見舞い
2014年01月08日 (水) | 編集 |
去年の暮れに会社にいる同郷で同い年のS君が入院した。
入院の理由は悪性腫瘍。
本人からは直接聞いていないので、お見舞いに行っていいのかわからず、とりあえず静観していました。

年末に仕事場には顔を出していたようで、これまた又聞き。

とりあえず、事情に詳しいS君の上司に話を聞いて、お見舞いに行くことにしました。


あちこちから聞いた話によると、
足にできた滑膜腫というものらしく、ネットで調べると5年以内の生存率は結構低いらしい。
病院では抗癌剤で腫瘍を小さくして取り除くらしく、半年くらいかけて抗癌剤は6回位やるらしい。


あんまり近い人で大きな病気にかかる人がいなかったので、お見舞いに行って何をはなししていいのわからないのも、お見舞いに行くのに抵抗感があった。
そうもいっていられないので、年明けに入院する話を聞いたので、早々にお見舞いに行ってきたのです。

病院の場所は新大久保からすぐのところ。
新大久保。
名前はよく聞くけど、行ったことははじめて。
想像と違って思ったよりも小さな駅だった。
その割にいろいろなお店があって、学生とかには住みやすいのかな?

駅について、早々にトイレに。
このところ、ものすごい寒い日が続いているので、こういう日はお腹が壊しやすくて、案の定お腹が壊れた。
最近お腹が壊れやすい。
やな季節です。

病院について、受付で病室聞いて、S君の病室に。
行った時に「寝てたらどうしよう」と思いつつ、覗いたらちょうどテレビを見ながら点滴中だった。
思っていたよりも普通で、とりあえず一安心なのかよくわからなかった。

S君から病気のことを聞いた。
発見はたまたま太もものところを触ったらしこりがあって、整形外科にいったらわからずまわりまわって今の病院に来ることになったらしい。

生検検査とMRIを色々とったようで、悪性腫瘍の場合、転移の可能性もあるので肺のレントゲンも撮ったようだ。
肺のレントゲンを撮るのは、転移するときは弱いところに溜まりやすいようで、必ずやるそうです。
診断書とかも見せてもらいました。

治療は抗癌剤を点滴でやって、そのあとそれを取り除く点滴を何日かやって、1~2週間位で退院を全部で6回やるだとか。
点滴をやると、人にもよるけど結構吐き気や、食欲不振になったりで、病気よりも副作用が辛いらしい。
ちょうど今が3回目らしくて、経過にかかわらず、次が取り除く手術をするようで、取り除くときは結構大きく撮ることになるらしい。
とりあえず、それでも歩くことは普通にできるらしい。

いろいろ話を聞いていたら、あっという間に面会時間の終了時刻。
ホント、元気そうで何よりだった。
まだ数ヶ月治療は続くらしい。
元気になってくれればいいなとおもう。

S君お大事に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。