このブログは、わたし「あるふぁねす」の『なんじゃそりゃ~』とか『どうでもいいじゃん』ってな『つまんない』内容で運営される、普通の人には面白くもおかしくもないかもしれない日記ですw
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥多摩
2014年06月16日 (月) | 編集 |
久々のツーリングです。
長野のビーナスラインにいきたいなぁと思っているのですが、増税後初ツーリングなので、近場にしました。
この時期は、天気と相談なので、行けるときにいかないと、なかなかツーリングにいけない。

だらだらしていたかったけど、このところ忙しいので、バイクに乗れない日が多くて、勿体無いので、無理してでも乗らないと、ほんと乗れない。

でとりあえずの目標を、日原(にっぱら)鍾乳洞にしました。
奥多摩は、バイク乗りはじめの頃、同期とツーリングにいったことがあったんですが、帰りにはぐれて、ひどい目にあった依頼ですね。
奥多摩のどのあたりに行ったか全然覚えていないけど、「ひどい目にあった」だけ記憶にありますw

DSC_0644.jpg


DSC_0657.jpg


日原鍾乳洞。
山奥の方にあって、先週の雨続きのせいなのか、近くの山が崩れたらしく、日原鍾乳洞の先が通行止めでした。
まだ暑くないので、そんなに人がいないと思っていたんですが、天気も良くてツーリング日和なんでしょうね~
バイクが10台くらいとまっていました。
ちょうどその人達が見終わったのか、ぞろぞろとバイクに来ていたので、入れ違いですね~

入場料の700円を払って、中に入ると。。。ちょっと涼しい~~
やっぱり先日の雨のせいなのか、あちこちから水が滴り落ちていました。
ライディングジャケットを着ていたので、大丈夫だったんですが、私服だったら、そこそこ濡れちゃうんじゃないかな?
なかはライティングされているので、怖くはないのですが、狭い&急な階段の昇り降り。
いつのまにやら「ハァハァ。。。。」と、息が上がり、奥まで進むと汗だくに。。。
周りが涼しいはずなのに、暑い。

でも、水の滴が落ちて響くきれいな音とか、なかなか感動的でしたね~
そんなに大きな鍾乳洞ではないとおもいますが、一周りすると30分位でしたね。
あまりにも汗だくになったので、出口あたりで、しばらく涼んでましたw
ようやく汗も引いたので、次なる目的地奥多摩湖周遊です。
まぁ、なにもないんですけどね~
水辺を走るのは気持ちいいのですよ。

山梨のぎりぎりのところまで来たので、道の駅を探してみると、一番近いのが山梨の道の駅。
ほかに近くに何もなかったので、そこでお昼にすることにしました。

ここにもバイクがたくさんありましたね~
温泉にも入れるみたいです。
わたしは入りませんが。。。

お昼ですが、ここは鹿がとれるのか、鹿メニューがたくさんありました。
鹿。
食べたことはあるかもしれないけど。。。記憶に残っていない。
なので、鹿メニュー決定です。
ただ、色いろあるようです。
まず気になったのが、鹿カレー。
1.5人前で900円のところ、特別サービスで650円だそう。
ちょうどカレーのいい匂いもあって、かなりそそられます。
でも鹿がどんな味なのかわかりづらい。。。
ということで、鹿丼(和風)にしました。
鹿丼にはもうひとつ洋風?だったか中華風?だったかありましたが、ここは和風で!
ほかにも鹿そば?もありましたね~

早速食券を購入し、出来上がるまでの間、窓のそとにある、山の風景を楽しみましたw
少ししてから番号が呼ばれ、取りに行く。

DSC_0663.jpg


をを!これが鹿のお肉ですか~
ん~、柔らかいねぇ、
あっさりしていて、おいしかった。

そして。。。
もりそばも気になっていたので、ここぞとばかりに食べましたw
朝食べてないし~~

DSC_0664.jpg


これまたおいしい。
幅が不揃いで歯ごたえがあって、なかなか!

いや~まんぞくまんぞく。
そして、おみやげ屋さんで、買い物して。。。さぁ、帰りましょ。
ほぼ来た道をもどって、途中から高速に。
おなかがいっぱいなのか、だんだん睡魔に。。。
早く高速にのって、休憩を~~~
渋滞もなく無事高速に入り、休憩所まで。
いや~~~眠かった。
やっぱり、腹八分目ですかね~
お腹いっぱいは危険がいっぱいだw

ようやく休憩所に入って、休憩を。
やっぱり、天気が良いからバイク多いなぁ。
眠気が覚めたので、そのままノンストップで帰宅。
だいたい9時間のツーリングでした~

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。